« 終電 | トップページ | 猫のいる絵 »

2008/07/27

沖縄と酒

沖縄と酒
昨日何気なく新宿に向かうと、街が騒がしい。

エイサー祭り?

なんかすごい盛り上がり。

新宿で「やんばる」という沖縄定食屋によくお世話になる。気軽に入れて、味も大好き。

それと関係あるのかないのか、新宿の夏のイベントがエイサー祭り。

それに伴い、伊勢丹にも沖縄物産展が開催していた。

会場全体に香ばしいいいにおいと、泡盛の香りが漂う。


我々はノリで、ドラゴンフルーツジュースを購入。



イマイチ?
想像してたより甘ったるい感じ。となりのパッションフルーツの甘酸っぱさを期待してたのだけどね。

まぁ、なんでも経験が大切!
多分もう買わないけど・・・


で、会場を散策していると僕の心を刺激するお店発見!「まじる商店」という琉球ガラス屋さん。

そこで一目惚れしてしまったのが、このなんとも涼しげな水色のグラス。

稲嶺 盛吉氏作。琉球ガラスにて海外の数々の芸術賞を受賞されているすごい方の作品。

琉球ガラスとは廃瓶のガラスを加工して作っているものらしい。特にこの泡ガラスはなんとも言えない優しさと涼しさがミックスされた、とても素晴らしい作品。

売り場のおっちゃんものんびりでね。

僕が即買いしてたらビックリしてた。


今日はそのグラスにこれまた涼しげな瓶の「碧い海」という奄美黒糖焼酎をいただいている。

黒糖焼酎はこの真夏の時期に薄めに割って飲むと、後味スッキリ、遠い沖縄のゆっくりした風を運んでくれるようだ。

|

« 終電 | トップページ | 猫のいる絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/277670/22584336

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄と酒:

« 終電 | トップページ | 猫のいる絵 »