« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/29

帰郷

帰郷
走り回った一年も気づけば残すところあと僅か。思い返せば今年はいろいろあったわ。


バップスのレコーディングから始まり、初企画。出会いと別れを繰り返し、波乗りにもよく行った。仕事場も変わって心機一転と思いきや、事故して頭を砕いた。ボルボも入院したり、あ、新しいギターも仲間入りした。


今年一番辛かったのは最愛の祖母を亡くしたこと。


いろんなことをここ赤羽の団地にいると、ゆっくり思い出して俺の中で消化していく。


漢、30歳。我が人生後悔はなし。そういう生き方をしたいと心に誓ったものにブレはない。


これからの道も一筋に生きていこう。真一郎という名前に恥じない人生を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

クリスマスセーター

クリスマスセーター
弟・ケースケへのプレゼント。


大学時代に高円寺で買った古着のセーターだ。いかにもクリスマスってのが嫌らしくて気に入っていた。


多分奴はこーゆーの好きっぽいんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟・ケースケへボーナスだ

弟・ケースケへボーナスだ
弟・ケースケへボーナスだ
弟・ケースケへボーナスだ
我が兄弟は一つ下にライムの母親・ユーコと8歳下にケースケってのがいる。


このケースケがまたボンクラとゆーか、天然とゆーか、いぢくりがいのあるのどかな人間だ。


今、22歳か。今更ながら中免をとり、流行りのビッグスクータースカイウェブ?だったかなに乗っている。


こいつが、また俺の弟のくせして人生にコダワリが全くない。お洒落も何もない。おまけに金もない。


てことで、たまに洋服を譲っている。ちょうど体格だけは似ているのがよかったな。


この前はバイクに乗らなくなった俺には不要となったショットのB-3をやった。


今回は俺のデニム整理も込めて四品もあげたわけで、写真上からザ・フラットヘッドの今は無きバックステッチをもつ3005、クッシュマンのパンツ、フラットヘッドのTシャツとなっている。あと一つはクリスマスアーガイルの古着のセーターだ。


こーやって写メとって、品物のウンチク込めて送ってあげるんだ。多分半分もわかってないけど、仕事がスーツではないから私服の消費も早い弟には重宝されているかな。


この前言ってやったよ。最高のジーンズやるんだから、頼むからハイテクバッシュみたいなのとあわせんなって。せめてアディダスのスタンスミスあたりにしてほしいっても、ここらへんはセンスなんだよな〜。わかんねー奴にはわかんねーのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

復活!チキンタツタ

復活!チキンタツタ
普段ほとんどマックは食べないよーにしているわけだが、営業車のラジオからチキンタツタ復活の宣伝が…


そう俺、チキンタツタ大好きなの。歴代マック史上最高傑作だと思っている。


てなわけで、わざわざ隣町の小岩のマックまで出向いたわけですよ。


チキンタツタ単品オーダー。


う〜ん、やっぱり美味。確かにベイカーバウンスとかクワアイナとかそーゆーところと比べちゃいかんけど、ファーストフードレベルでは超高校級でしょ。まさにセルフィッシュを越えたゲームを支配している!みたいな。


バンズが美味いんだよな〜もちもちしてて。竜田揚げはしっかりパリパリ感があって。無駄なソースもなくて、あっさりキャベツで纏めてるところも潔くて偉い。


チキンタツタなんで定番になんないんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

美輪明宏 シャンソンの世界について

Aff3ae5b
Yqebknqd8gx6apssjk9kx2a1o1_500
Kaneko95


WIKIより
美和明宏 1935年5月15日生まれ 長崎県長崎市出身
長崎で原爆の現実を知る。15歳、歌手を夢見て高校進学(国立音楽大学附属高校)のために上京。
1952年 17歳の時、銀座のシャンソン喫茶『銀巴里』と専属契約し歌手デビュー。


今となっちゃ金髪の幽霊と交信できるマダムだけど、この人の生きた道がすごい。
三島由紀夫と深い関係をもったり、同性愛をカミングアウトし当時の日本に衝撃を与えた。
WIKIを読んでいるだけで、この人は凄まじい人生を歩んでいるなってわかってから、ネットやらYOUTUBEで検索しまくった。


そこで出会った詩が「ヨイトマケの唄」である。


この詩を初めて聞いたのは10年ほど前に、地元のスナックでタコという友人がいい曲だからって聞かされたのが初めて。当時は、スカ、ゴスペル、ファンク大好き人間だった俺にはとかく心には届かなかった。あれから10年ほど経って・・・


今、バップスの入場SEに使わせていただいている。本当は全部聞いていたいくらい。この曲を聴くと高ぶる心が落ち着いて、いい気分になる。


先日、氏の音源を何か欲しくなり、1994年発表、「喝采〜銀巴里ライヴ」というアルバムを買った。
正直しっている曲はなかったけれど、シャンソンの世界を少し知れたきがする。
ライブなのにこの演奏力の高さ、ダイナミクスの幅と言ったらまるでオペラだ。今は無き銀巴里という建物・・・いや、文化に触れられたいいアルバムだ。


かつて仕事の関係でこっち側の人とおつきあいできることになった。その人はとても紳士で、丁寧な言葉使い、仕事もしっかり行う。生き方に美学がある。素敵な人間だった。


人間の本質を見ているからこそ、俺には無い学ぶべきことがこの世界にはたくさんある気がした。若い頃の美和明宏氏、見てよ。めちゃくちゃかっこいいっしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

好きな人③ 辺見えみり

O0640048010251395068
O0640048010226790897
O0640048010177264916

画像は本人の公式ブログ「えみり製作所」より。


前回の好きな人では、南沙織さん、キャンディーズのミキちゃんを載っけたけど、俺は何歳だ?ってことで、今回はリアルに好きな芸能人をあげます。どーでもいいことなんだけど。

 
WIKIより
辺見えみり 1976年12月16日生まれ 東京都港区出身 B型 


人の女性の好みなんて飲みのネタくらいで、本当に中身のない会話だ。だからリアルにファンな人をこの場で公表するのも意味もないし、ナンセンスだし第一恥ずかしいことこの上ない。でも、なんとなく独り言として。今日は久々に一人で家飲みで、いい気持ちになってるってのもある。


芸能人の好みなんて、よく性格わるそ〜とかいろいろ言うやついるけど、そんなの関係ない。ただ好きか嫌いかだけ。顔が好みか、服装が好みか、スタイルが好みか、声が好みか・・・
ブログ見てセレクトしているブランドもいい感じだし、しっかりお洒落だし。


飲み会とかでたまに好きな芸能人は?とかベタな質問あるけど、あんまりメジャーじゃない人あげてもしらけるだけだし、人気ナンバー1の女優あげても面白くないでしょ。俺の中で、女性は30歳過ぎか一回結婚した後に本当の美しさが出てくるという持論がある。30過ぎたり結婚したり女性ではどうしてもマイナスなイメージがあるみたいだけど、そこから洗練された美しさが磨かれてくると思う。たしかに、どんどん枯れてくる人っているけどね。


常に愛している人、愛されている人ってのは歳をとっても関係ない。むしろその年月が長い人の方が、洗練された美しさに繋がってくると思っている。


今年のクリスマスどーしよっか?って話題になる。
家で飲もうか。
でも、どこかいいお店にディナーでもいいね。
去年は代官山だったから、今年は銀座にする?
じゃこんなお店はど〜お?『ラール・エ・ラ・マニエール』
メニューはその日のおすすめだけで構成されてるから、毎日違うんだって。
そっかじゃ、俺予約しとくよ。
でも、今口コミの評価もかなり高いし予約取りにくいんじゃない?
今からならイケるっしょ。


な〜んて11月中頃の会話ができるのは、20代そこらじゃ無理でしょ。


クリスマス家で飲むなら、俺ワイン用意しとくよ。
少し奮発していいワインにしようか。
スパークリングも飲みたいなら、ハーフボトルにして、赤も用意しよっか。
ソムリエさんが言ってたね。やっぱり2006年の葡萄がいいみたい。
シャンパンは「DEUTZ」って、ペニンシュラとか有名なとこには常備されてるんだって。ドライ過ぎない香りのある香りで、強烈じゃないが印象にのこる香りがあるみたいよ。
赤は、ロマネコンティと同じ畑で作られる葡萄を使った「Vosne-Romanee」っての。これ2006年だけど、熟成感が他のワインとは比べ物にならないほどまろやからしい。ブルゴーニュだしすっきりしたフルーティな感じだから、すすんじゃうよ。
じゃ、ケーキは私が用意するね。今年はどこのにしよっかな・・・


別に特別高級な物を用意してるわけじゃない。
だたそこには今まで過ごしてきた日々からのちょっとした飛躍の場所があるだけ。
いつまでたってもクリスマスはケンタとかスーパーの鶏のもも肉なんてのは寂しすぎるでしょ。
人生の幅は広げたもん勝ち。
知らないまま終わるより知っていたい。
500円のお肉をチョイスするのに、それしか知らない人と、「うかいてい」のお肉を知っていてチョイス人では意味が違う。


Aのコードを弾くのに、A△7、Aadd9、A+13を知った上でローコードのAを弾くのには意味がある。


そうやって、人生も作る音楽も、奏でる音色も深まっていけば良いと思う。


辺見えみりさんが好きって話から、えらい脱線したけど、それは少しの照れ隠しと俺の悪い癖。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

ボルボ入院 2nd モーターズ

ボルボ入院 2nd<br />
 モーターズ
先日我がボルボを遥か調布のお店、2ndモーターズへ出した。


ガマジャパン無き今信頼できるボルボ屋さんの一つだが、いかんせん遠い。


点検後、修繕見積もりをお願いして、退院。エンジンアンダーカバー取付、タイミングベルト調整、フロントブレーキパッド交換、フューエルメインポンプ交換、アイドリング調整、エアクリーナー交換、以上で約10万くらいだったかな。


今後のプランも、聞いた。エアコンの交換、オルタネーター交換、セルスターター交換は近いうちに必須となるみたい。


で、無事退院した我がボルボ。かなり好調のはずだった…


週末クリスマスのディナーの帰りくらいからなんとな〜くガソリン臭かったんだよな。


で、家路につきそのガソリン臭さに耐え兼ねて、車の下を覗くと、びっくり!人知を越えるガソリンの漏れっぷり。まるであんときの俺の血くらい。


それに気付いたのが飯田橋あたり。北小金の家までの道程が遥か彼方に思える。なんとか燃えないで帰ってくれ。と久々に冷や汗をかきながらハンドルを握ったのだった。


そしてボルボ再入院。今回は加入している保険のロードサービスを使用した。JAFに加入していると、45kmまで無料だが、2ndモーターズまでは50kmを越えるらしい。やっぱ遠いわ。


越えた分は700円/1kmみたいだ。10km越えたら7000円か〜普通に高い…やっぱアクシデント用に他の店探すべきだな。


レッカーで遠ざかる愛車がなんとも寂しげで、元気になって帰ってこいよと心で会話をした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/09

曲作り

曲作り
こんな感じで少しずつ曲の形ができてくる。四人のアイディアをぶつけながら、シャープになってまた家に持ち帰って、一人で肉付けして。


俺は曲のディテールをいじくるのが好きだ。一般リスナーが全然気づかなくても、どっかのギタリストが頷いてくれればいーかんじ。演奏しながら悦に入る。


この曲にはどこに入れ込もうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

セコい国にすんなよ

セコい国にすんなよ
今朝、朝日の眩しい方角へ走らせたカーラジオから流れてたニュースを聞いて思った。


セコいこと考えやがるな〜って。


俺は政治家でもないから、全てを把握して論破する力はない。マスコミに踊らされる下等な一般市民かもしれない。だが、国民とはそういう人間の集団だろ。だから言わせてもらう。


自衛隊の制服をアジア製にしろだって。国産は高いから。すると20億円くらい浮くらしい。


は?


国産だと一着27000円くらいだって。べつにたいして高くないし。


なんでこんなところに目を付けたんだ?むしろ政府はデフレを助長してんじゃん。


俺は安価に抑えるためのアジア製品が嫌いだ。なんでもかんでも安けりゃいーって考えなら中国と同じだろ。


日本には伝統的な工芸品があって、地方に培われた特産品、それを作る職人さんとその業がある。消費者である我々はそこに日本製という誇りを持っていたいんだ。


職人さんの高齢化や、賃金格差の問題で継続が厳しい現状は洋服屋さんとの話で聞いている。


今なんでもエコやらグローバルやらブームのように騒がしいけど、そんな浮ついた流行りにのんじゃねーよ。もっとしっかり自分を見つめて、自分が生まれた国を見つめろや。


話を戻そう。日本を代表する仕事の制服なんだよ。そこをケチんな!そりゃ20万とかすんなら別だが、約3万なんて俺が着てるスーツと変わらんぜ。


節約する場所が違うんじゃないかね。事業仕分けっていうらしいが、ちゃんと納得のいくターゲット選定しなさいよ。ったく、日本をくだらない国にすんな。


一着千円しないジーンズが話題らしい。別にそういうもんが存在することには文句はないが、俺が手にする全てのアイテムには作り手の魂が篭るモノしかない。


あ、でもパンツと靴下はユニクロだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライムのジャミラ

ライムのジャミラ
ジャミラが好きなんだって。一見ガラモンかと思ったけど。


ジャミラってさ、元は人間で宇宙計画が失敗して怪獣になっちゃうやつで。悲しい結末だったのを思い出す。


怪獣=悪という図式を覆し、同時に人間のエゴを考えさせられる。ウルトラマンの中でも傑作だと思う。


ま、ライムはそこまでわかってないだろーけど、目ね付け所がよい。次ジャミラやるときは上着を頭まで上げて肩無くさないといけないんだってこと教えてあげよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

プチ贅沢な家飲み

プチ贅沢な家飲み
とあるツテで5000円の商品券をゲットしたので、こーゆー金は贅沢に使わなきゃってことで、いつもより上質なワインを購入。


いつもの伊勢丹新宿店にて、ソムリエさんにオーダーした。2006年のカラバスみたいな、樽の風味が強くて、辛口だけどドライ過ぎない、重めの白ワイン。
「ROBERT MONDAVI WINERY 2006 CHARDONNAY NAPA VALLEY」


で今回のはカリフォルニア産のもの。


ワインサイドには写真のとおり。このメゾンカイザーのハチミツ入りのパンがお気に入りでついつい買っちゃうんだよね。


相方と二人で美味しいお酒を堪能できた夜だった。でもこのワイン俺にはちょっと甘かったかな。2006年のカラバスをやっつける白ワインに早くたどりつきたいわ。


先日ゴルフコンペでまた商品券をいただいたので、次回は上質なスパークリングを購入する予定である。何にしよっかなぁ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »