« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/27

東京スカイツリーっつったっけ?

東京スカイツリーっつったっけ?
帰り道に遭遇。噂の東京スカイツリーとかいうやつ。さきっぽが雲に隠れてる感じがカリン塔みたいじゃね?


確かにでかいわ〜これでまだ半分くらいしか完成してないんでしょ?


でも、これを見ていっつも思うこと二点。
①なぜこんな下町に建設したんだろ?東京は東京タワーあんだし、もっと土地があってこの先発展しそうな町に作ったほーがいいと思うよ。大宮とか横浜とか千葉とかね。
②近未来な造形美なんだろうけど、無機質でお洒落じゃないよね。完成したらLEDでいろんな色にライティングできるとかなら、ロマンチックでよいね。


俺はやっぱりあの赤くて昭和から平成の東京にあかりを灯してた東京タワーがすきだな。ま、一回しか登ったことないけど…


東京タワーは登るより、けやき坂とかから眺めたほーが絵になるよ。


またひとつ時代が変わりますな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シダックスハッピー40

シダックスハッピー40
ってことで、秋葉原パゴダ名物店長シダックスのハッピー40誕生日企画にバップスが参加させてもらった。


ツッチー不在でのパゴダ出演がなんとも違和感があり、かつ俺のMCもどん滑りし、思ったよ。


ツッチー!早く帰ってこーい!


で対バンした清水わかなとツバサと俺。双子みないな二人に囲まれて妙にテンションの上がるグンジでした。


このあとは地獄?はたまた天国か?否、修行かな。打ち上げで久々に酒浸りになるのであった。


てか、チャビンさんが今日で音楽活動に一頻りつけるみたいで。素敵なウィスパーボイスと素敵なクラッシックギターの音色とへんてこな下ネタが聞けなくなるのはめちゃくちゃ寂しい。でも、音楽は色褪せないからね。そのうち絶対一緒に鳴らしましょう。


あ〜酒が抜けないわ。散歩でもすっかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/25

春一番一張羅

春一番一張羅

Saiouessanttrib1

久々に洋服買ってみた。


今日は春一番吹いたらしいね。マジで一気にあったかくなったのはいいんだけど、それとともにやってくるのが花粉なんだよね。


今年の花粉飛散量はあんまり多くないみたいだけど、確実にかつ敏感に俺の鼻は反応しちゃうのよね。


ま、とにかくせっかくきた春を楽しまなきゃってことで、無性にセントジェームスが欲しくなった。ボーダーカットソーは高校の頃から好きで着ているけど、何故かセントジェームスには手を出せずにいた。


なんでだろ・・・ね。


とりあえず現物を見てみなきゃわからん、ってことでよくお世話になっている上野センタービル二階にある、「ハナカワ」へ。


よくお世話になってる柏のリーフノットが国産アメカジレプリカメーカーをセレクトしてるとすると、こっちはセンスあるインポートメーカーをセレクトしている。どちらかと言うとヨーロピアンなテイストが強いかな。俺の洋服の8割がこの二つのショップで購入していると言っても過言ではないほど。


で、セントジェームスで、一目惚れしたのがこいつ。今年の新色らしいんだけど、たまらんね。この配色が。ベースに生成りを使ってるのがいい。俺、生成り色がめっちゃ好きだから。


サイズは、俺が174cm74kgがっちり体型でT5のMLがジャストだった。写真を参考にしてね…


で、家帰ってネットで調べてみたら、こんなサイトみっけた。顔がめっちゃ可愛いとかじゃないんだけど、この雰囲気…合格。てか、この写真の撮り方が上手い。絵の雰囲気がショップが表現したいモノに合ってる。


俺の写真見ても欲しくなるやつなんていないっしょ(苦笑)


いいよね、こんな感じにシンプルにアレンジしてる女の子って好きだな。
シンプルな分一つ一つのアイテムをちゃんとしたメーカーでセレクトしててね。
このサイトだと、少しロールアップしたデニムに、白いスニーカーを合わせてるけど、少し幼すぎるので、ここをクラークスとかラッセルモカシン、ペコスブーツなり、軽い革物の靴を合わせるとビンゴだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あやや

2010012200001160r250013view


たまたまネットで見つけたんだけど、このあややめちゃくちゃかわいいんですけど。
べつにたいして興味はなかったけど、こいつは惚れてまうやん。


そういえば、一昨年くらいかな?
雪の降る代官山であややと遭遇したっけ。
あの声で気づいたんだけど、肌がめちゃくちゃ白くて綺麗だったって記憶がある。
キャップかぶって、黒ぶち伊達眼鏡かけてたからぱっとみわからんかったけど、たしかによく見たらトップアイドルのオーラが出てた気がする。
相方があややに気づいて、やたらテンション上がってたのを覚えているよ。


ま、さておきこの子も1986年生まれだから・・・まだ23歳なんだ。
なんか昔からテレビ出てるからもう少し行ってると思ったけど。
23歳でここまで成長すんのか・・・
俺の持論が覆されるな〜
女は25歳過ぎたあたりからコクが出てくるってやつね。
・・・こんな独り言でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/22

危険な美味

危険な美味
うーん、やっぱり写真が横になってしまう。うう…もどかしい。


ま、気をとりなおして日曜のランチは珍しく外食。噂に聞いていた市川市北国分にある「楽山ろぉしゃん」。ランチタイムを少し外したにもかかわらず、店内はほぼ満席。


メニューを眺めたらうまそーなのあんじゃん!四川風山椒麻婆豆腐。ランチセット900円はごはんおかわり自由だし絶対安いわ。


味は山椒がかっつり効いていて舌に痺れる辛さが実にうまい。てか今まで食べた麻婆豆腐のなかでも一番美味いかも。


小付けの玉子スープも美味い。


恐るべし北国分。休みの昼間だってのに町を歩くと、物音一つしない。マジでしーん…




だよ。たまーに通る車だけ、エンジンの音を立てる。相方と話す声も小声になりそうな町なんてなかなかないよね。


そんな町だけど、素敵なシンパシーを感じるのは俺だけかな。こんな静かな町に住みたいかも…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/21

今週の宴

今週の宴
先週飲んだチリワインモンテスアルファのメルローバージョンを買ったので、それに合わせてテーブルメイク。


メゾンカイザーのエクメックってパンが俺は大好きで、生地にハチミツを練り込んであってほのかに優しい甘みが広がるんだ。


モンテスアルファだが、メルローらしく葡萄の香りが膨らむ美味しいワインだったが、俺の好みは前回飲んだカベルネソーヴィニヨンのほーが、味に高級感があって好きだな。どちらにせよ二千円ちょいでこの完成度は素晴らしい。


チーズはロックフォールアフィネという、いつものやつに戻して濃厚で香りが強いものにした。けっこう高いんだけど、そのぶん味が強いから量食べないですむんだけど、今回のやつはなんとなく味が弱い気がした。


映画「ハンコック」を見ながらの食事だった。ハンコック、なんとなくで借りたんだけど、B級な香りが逆によかったかな。アイアムレジェンドと迷ったんだが、まーまーかな。


あんまり洋画は見ないんだけど、今回は100インチのホームシアターを満喫したかったので、アクションモノがよかったんだ。

つか、ケータイを機種変して写メールの画像が格段によくなったのはいいが、何故か横になってしまう・・・どーしたもんだろ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/19

車両盗難注意警報

さっきうちのドラム ミートの日記を見て驚いた。
単車がパクられたらしい。


ちょうど今週、俺がとめてる駐車場も立て続けに2台も車両盗難があったという注意喚起の通達が来ていた。どーりで、ここ最近周りの車が減ってると思ったんだよな。出かけてるわけじゃなく、盗まれてたのか。


急にそんなんが目立ってきたぞ。
連続で同じ場所で起きてるってことは、同一犯、しかもプロか?


まじで、俺んとこきて見っけたら、どーなるか知らねーかんな。犯人どもよ。
くそったれが。


というわけで、松戸〜流山付近に住んでいるみなさん。
車両盗難に気をつけてください。
って、どーやって気をつけりゃいいんだ?
でかい音が鳴るアラームみたいなのくっつけるか。


警察さんもこんなときこそ、つまんねーねずみ取りやってないで厳戒態勢ひいてくれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/02/17

仲間と冬とサーフィンと

仲間と冬とサーフィンと
仲間と冬とサーフィンと
仲間と冬とサーフィンと
波乗り仲間が大集合した週末は極寒の千葉県堀川浜。タン、タケシ、シュージ、サカニシ、ガミさん。


この日の波はサイズこそ腰くらいで小さかったが、メローなファンウェーブ。すっこい冷たかったけど、グローブ無しで、①ラウンド5時間ぶっ通しで乗りまくった。仲間が多いとテンション上がってこれくらいいっちゃうよね。


記念撮影はケータイを固定したウイダーインゼリーにピントが合ってしまい、肝心な仲間たちは見事ピンボケ。寒すぎて取り直すのもままならずこんなんでオッケーしてしまった。


そのあとは冷え切った体をあっためるべく、「ばんどう太郎」へ。ばんどう太郎ってよくラジオで宣伝してるやつだよね…たぶん。チェーン店ってナメてたけど、意外にしっかりしてる。俺が頼んだのはネギ味噌うどん。味はよかったんだが、量が多くていくら食べても減らないのと、極度の猫舌な俺にはずっと燃えつづける加熱ろうそくが嫌だったわ。


仲間の話はずっとくだらない話だったが、こーいう瞬間が幸せなんだよな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/16

週末晩餐

週末晩餐
週末は極寒の中、千葉北の海「カンポ下」でサーフィン。いつもの仲間タンと朝5時に集合して海へ向かった。


海にはタンの地元仲間がショートボードで一人パキパキ当て込んでいた。さすがに貸し切り状態。前日までの波情報はイマイチだったが、着いてみたらサイズもそこそこかなり形よい波があった。


気温は2℃とかで着替えるときは大変だが、海水は13℃くらいでそこまで凍えはしなかった。①ラウンド4時間がっつり波に乗り、また凍えながら着替え帰路へ着いた。


その晩は相方がバレンタインで用意してくれた、モンテスアルファというチリワインに合わせて、テーブルメイクした。


ご近所ツォップのパンは初めて買う、春菊入りのモチモチパンと、ベリーとくるみいっぱいの固いパン。


チーズはチェダーベースなんだけど、青カビが入ってる変わり種。普通のブルーチーズと違って少しハードな歯ざわりで、味はマイルド。


市川の「だんちょうてい」の焼豚を解凍してキャベツに合わせて、メインディッシュにする。


週末に少しだけ着飾ったテーブルが疲れを癒してくれる。家のみだし酔っ払ったらそのまま寝れるって幸せよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/12

教則本と人生

教則本と人生
豚箱に一ヶ月監禁させられるベース、ツッチーの為に取り寄せた教則本二冊。


すげー懐かしい。実に15年ぶりか?俺がまだ髪の毛長かった頃お世話になった本だ。てか俺の理論はほとんどここで教わった。


「市ヶ谷低音ゼミナール」
ベーシスト用の音楽理論書だが、実にわかりやすい。先生と初心者三上君のやり取りで話が進んでいく。

ダイアトニックコードからケーデンス、そこから当てはめて理解するスケールの概念。本当にこれ一冊で理論の基本が学べる。皆さんにもちょーオススメだから。


「ギタリストの為の全知識」この本は教則というよりも、音楽に対する心構え的なことを再確認していく内容だ。
当たり前のことを理論的に解説して、納得できるみたいな。
譜面はほとんどない。普段の練習に対する意識〜機材に対する意識、理論に対する意識等などたまに偽物の偉人の格言が出てきたりと、人生に迷ったときに読むとすっきりする。


と、まぁ俺の当てつけだが、この二冊を一ヶ月で10回読み返せばま〜レベル上がること間違いなし!


あと、ついでにプレゼントがこの鉄アレイ5Kg×2。一日100回×2セット朝晩毎日やればパキパキの腕になれるぜ!


入院なんて絶対したくないけど、するって決まったなら気持ちを切り替えてプラスに考えるしかないよな。したら、一ヶ月の休みなんて人生でそんなにないんだ。できること考えたら無限に可能性が広がる。


ま、病院だからね。音だしたりはできないけど、勉強だったり、体鍛えたり、作曲したり、作詞したり。


こーゆーときの時間の使い方がうまいやつってのが、他人と違う自分を作れる奴だと思う。


俺はゲームが大嫌いだからやらねーけど、そーゆーのに浸かってる子供とか、ましてやいい大人を見るとため息が出ちゃうんだよな。


ま〜他人がどれだけゲームしてようが、そいつの人生がそれで満足なら、とやかく言うのもナンセンスで。


確かに金も使わない、今はオンラインで協力とか対戦とかできるんでしょ。子供は大人しく遊んでて手がかからなくなるし、大人は無駄な飲み代減っていーのかもな。


でも、俺はそんな生き方したくねーし、ゲームの話題で盛り上がるよーな人種になりたかねーわ。


男なら外で走り回って、泥だらけになって、喧嘩して、隠れ基地つくって、いつか好きな人ができて、付き合ったり別れたりして、もっとでかい人間になりたいって自分に言い聞かせて、悲しみ乗り越えて、相変わらず馬鹿な友達と飲んだりして、相変わらずって言われながら夢追いかけたりしてさ…そんな経験を自分の子供に伝えてあげるべきだろ。


いつか子供ができたとき、「オヤジさ〜青春時代何やってた?」って聞かれたとき、
「ゲームばっかしてた〜えへへ」
なんてのにはなりたくない。
胸張って伝えられる自分の生き様ってのを持たないとさ。


自分の子供が友達に自慢できるくらいカッコイイオヤジになりてーじゃん。


スポーツだって、芸術だって、勉強だって、なんでもいーから、これだけは負けねーんだ!って自慢できるもん一つ胸に刻んで生きていこーぜ。


時間は誰にでも平等に与えられてるんだから、自分の目指すもんにむかって突き進むしかねーっしょ。


この前調べたけど、同年代の有名人。どんだけ有名だろーが、天才って言われる人も、同じ人間だろ。ただそいつらの胸には夢への跡がはっきり深く刻まれてるんだ。


あいつとは違うって腐る前に、俺達もやってみよーぜ!胸に刃物当てて生きてこーぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

ドィカティ

ドィカティ
無機質なテーブルになんか花が欲しくて見つけたのがこいつ。


プラモデルとかフィギュアってのも俺には似合わないし、車もね〜あるかないかわからんが、ロータスヨーロッパのJPSカラーがあれば買ってたかもだけど。


モデルカーはバイクのほーが完成度高いと思う。エンジンの冷却フィンはもちろん、メーターの表示、ディスクブレーキ、ワイヤーやオイルホースの再現、デカール等完璧に再現されている。(ま、値段もそこそこしたけど)


で、見つけたのがこいつ。ミニチャンプスというメーターの、ドゥカティ900TT 1978 マイクヘイルウッドモデル。少し古めなデザインと、ドゥカティレッドに大きく緑が入ったこのスタイルがめちゃくちゃカッコイイ。俺が生まれた年に近いってのもいーし。


調べてみると、マン島TTレースとは、イギリスとアイルランドの間にあるマン島の公道を利用した一周60キロもあるレースで、1907年から始まり極最近まで開催されていた歴史あるものだ。詳しくはこちらをご覧あれ。


そこで1979年までに14勝を挙げた天才ライダーがマイク・ヘイルウッドである。


1981年一般公道にて交通事故により死亡している。享年40歳。


自動車を運転中、前方のトラックが急にUターンして避けられず衝動したらしい。これを読んですぐに頭をよぎったのが、記憶に新しい、日本が誇る天才ライダーノリックこと阿部典史氏の事故だ。彼の事故の報道を知った時は言葉を失った記憶がある。32歳だって。これから世界に名を轟かせるだけの人物をこういう形で失うのは本当に悲しかった。


日本ではモトGPを始めモーターサイクル(バイク)のレースは熱狂的ファンを除いては少し暗いところがある。でも、世界じゃすごい盛り上がってんだよ。F1にも劣りはしないと思う。


ノリック繋がりで、検索すると絶対ヒットするのがこれもまた天才ライダーバレンティーノ・ロッシだ。ビックリしたのが、ロッシさ〜俺とタメじゃん!学年は一つ上だけど。


とか考えると俺もがんばんなきゃ!と勇気が沸いて来る。


今ざっとウィキで1979年生まれを見てみた。
CHEMISTRY川畑君
南海キャンディーズしずちゃん
Dragon Ash Kj
オードリー春日
フジテレビあやぱん、中野美奈子
魔裟斗
ノラ・ジョーンズ
羞恥心 上地遊助
サッカーイタリア代表アンドレア・ピルロ
元TBS 小林麻耶
政治家 杉村太蔵
日本サッカー会 高原直泰、小野伸二、稲本潤一、中田浩二
モデル えびちゃん、押切もえ
女優 仲間由紀恵
F1ドライバー キミ・ライコネン
モーグルスキーヤー上村愛子
サッカーイギリス代表マイケル・オーウェン


初めてこんなの調べてみたけど、妙に親近感増すな。地元赤羽の吉本芸人コンマニセンチのホリも載ってたわ。


と、だいぶ話が逸れたけど、こんな俺もウィキに載れる日を夢見て。ザ・バップス ギタリストグンジもヨロシク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/10

カレー三昧

カレー三昧
カレー三昧
昨日もカレー、今日の昼もカレー、今夜の夕飯もカレーである。


この前初めて入ってから一気に常連となった店「ピンディ」。サラダ、シークケバブ、タンドリーチキン、マライティッカ、カレー、ナンかライス(おかわり自由)、ドリンク(酒もあり)のセットで1980円は安いっしょ。


店員のパンタさんはネパリー。来日して一年半なのに日本語うまいし、人懐っこいいい人だ。


俺がこーゆー店で必ず頼むのが、マトンが入ったカレーだ。羊の臭みがいかにも異国な雰囲気がして好きなんだ。パクチーとかナンプラーとかココナッツとかね。日本だと何にあたるんだろ?柚子とか生姜かな。生姜は海外にもあるしな〜


ま、いっか。


インドビールのキングフィシッシャーってなんとなくハチミツみたいな甘さがあって旨いんだよね。原産国イギリスなんだ〜。


てなかんじで、今日の緩やかな一人ディナーを満喫した。明日は雨の中ゴルフになるかな。夜は雪っぽいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストラングアウト

赤坂天竺にてスタッカーズの推薦で、ストラングアウト来日の対バンオーディションがあった。


スタッカーズの仕切りにより、熱いメロコアバンドが多い中、俺ら日本語パンク陣はなんと出番がトリ!


リハーサル始まる前から麒麟ラガーを嗜むほど一日を満喫しちった。だってさ〜昨日は暑かったっしょ。


リハ後はサポートベースのまーさまとインドカレー屋「MOTI(モティ)」でワインを一杯。カレー単品1500円くらいでかなり高!って思ったけど味はそこそこだったからま〜いっか。


で、重要な結果は…残念ながら敗退よ。何でも負けるのは悔しいが、やることはやったし、悔いは残してない。また次にサイコーのライブをやるだけさ。


あ〜!今、隣で立ちながら本を読んでる女性が居眠りして、がっつり膝から落ちた!大丈夫っすか!皆さんお疲れ様っす。


あたくしも疲れたので、シャワー浴びて今日は静かに寝よ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/09

スポンサーステッカー

スポンサーステッカー
マイニューボードの完成形。


スポンサーのステッカーが輝いてるでしょ。嘘だけど。


でも、マキシムはウェットを愛用しているし、ビラボンもイケてるスウェット買ったし、オーシャンゾーンはお付き合いの古いショップ。


あながち遠くもないセレクトなのだ。


こーやってステッカー張ると垢抜けて、パキパキ動かすスタイルに見えるけど、俺はメローなスタイルが好きなんだ。まーパキパキできないってのもあるけど。


今日はめちゃくちゃ暖かくなるみたいね。波崎あたりがよさ気かな〜あ〜海いきて〜!


その前に、今夜は赤坂天竺でライブだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/08

ファーストキス

ファーストキス
幸福のファーストキス。


いい絵でしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/07

第二子誕生

第二子誕生
第二子誕生
第二子誕生
待望の二人目が無事生まれました。名前は楓花ふうか。女の子です。


赤ちゃんってのは本当に天使のように幸せを運んできてくれると思う。


手足の小ささが生きていることの奇跡を感じさせる。


目が一重なのが兄ライムとは違うんだが、女の子ってのはそもそも赤ちゃんの時点で違うね。仕草とか声が繊細な気がする。


抱き上げるにも首を支えてあげなきゃならない。一瞬もほっとけないよーな生命。


生後五ヶ月くらいまでって特別なんだよな〜


ちなみに俺の妹の子供で、ライムの妹に当たる子ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郡司式眼鏡特集⑤

郡司式眼鏡特集⑤
年末の事故のせいで愛用のブラックフライが大破してしまったので、これを機に新調したもんがこれ。


同じブラックフライだが、だいぶ印象が違う。前のは四角い形でわりと地味なブラウンでまとめていた。今回のはフライビート ハンドメイドというモデルで、色も赤、大きめなティアドロップにした。


購入は原宿のハウスオブフライズという、ブラックフライ専門店だ。


自分の顔がでかいので、眼鏡を選ぶ際はたいてい横幅が広くなくちゃならない。眼鏡がでかいとちょっとは小顔に見えると思っている。うん、そう信じてる…


これをメグ69に貸してあげたら、子供がグラサンかけてるみたくなってたなぁ〜俺の顔がでかいのか、メグ69の顔が小さいのか…


気を取り直して、ここのショップにつくやいなや、そのサングラスの数に圧倒される。300個くらいあるんじゃないかな〜


で、少し厳つい店員さんに自分の好みを伝えると出てくる出てくる。次から次へ。


こんな感じでセレクトしているときが、俺は好き。


右コメカミにでかい絆創膏を貼った、いかにも訳ありそーな人間が傷を隠したいがごとく、でかいグラサンを探している。まるで格闘家みたいだね。


最終的にこいつに決めたのは、
①幅が広い
②テンプルが細い(最近の流行りは太いテンプルらしいが、重くなるので俺は好みじゃない)
③レンズのカーブがきつくない(俺の顔が平たいからカーブがきついのは似合わないってのと、後に度付きレンズを入れるのでそれに対応させるため)
④造り込みのよさ
⑤かっこよさ
ってとこかな。


ちと失敗だったのが、少しレンズの色が濃すぎて、夜が暗いってとこかな。ま、そんなに支障はないんだけど、ライブ前、アンプの裏とかが全く見えない。


昼間の海には逆に最適。今年はたくさん海に行く予定だからね。いいもんをゲットしたよ。な〜ライム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/04

俺のバット

俺のバット
俺のバット
グローブの次はバットでしょ。ってもこいつは試合では使わない。素振りとか練習用バット。


竹バットと呼ばれる、竹の集合材を削ったもので、安価にして強度がある練習用バットとしては有名?らしい。


今回は「木製バット工房 匠」ってとこでオーダーしてみた。三ヶ月くらい待っただけあり、仕上がりは満足。


俺のバットのコンセプトはインテリアにもなるアンティーク調で、素振りしやすいミッドバランスのもの。シースルーな茶色が実にセクシーかつ、高級感を引き立ててるでしょ。


想像以上に素敵な仕上がりに大満足。


毎日リビングで鏡を見ながらフォームと、バットの軌道、風切り音をチェックしてるんだ。


頭でいろいろ考えながらやるスポーツって好きだ。高校の頃みたく体力もないし、時間もないからさ。オヤジはオヤジらしく、クールかつビューティーにスポーツしたいよね。で、その蘊蓄がまた酒の肴になるわけよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/03

俺のグローブ

俺のグローブ
俺のグローブ
やっとこいつの記事を書ける日がきた。


最近再会した野球。趣味と言えるほどやる回数もないし、上手くもない。だけど、日本人なら野球でしょ。


YouTubeでプロの選手のバッティングフォーム研究したり、なによりグローブって道具がなんとも魅力的なんだ。


そもそも革モノ好きな俺。新品の時にはガチガチなものが徐々に馴染んでいく工程がよい。匂いがよい。


後輩のイケヤが選んでくれたのが、これ。ハイゴールドというメーカーだ。


早実野球部卒の後輩タカギのコメントも「実に渋い」らしい。
革質もよいし、何よりロゴがかっけー。


よい道具を揃えた後は練習あるのみ!自分の息子とキャッチボールできるよーになるときまでには、くたくたに馴染ませたいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »